シャーペン 文房具

【韓国文具】Xeno EXTRA-S を徹底レビュー フルメタルボディのシャーペン

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回ご紹介するのは、韓国メーカーのシャーペンになります。
本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃番のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビューをしておりますので文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。

そして、HEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品を厳選し、テーマごとに分けてまとめています。とても買い物しやすくなっておりますので、是非フォローしてご利用ください。※当HPのリンクにはアフィリエイトリンクも含まれます。

HEROTVのAmazonストアフロントはこちら→https://www.amazon.co.jp/shop/herotvstationery

それでは商品の方を見ていきます。

YouTube動画


Xeno EXTRA-S の基本情報

こちらの韓国の文具メーカー、Xenoの商品をご紹介するのは今回で2度目ですね。
前回ご紹介したのはこちら、Xeno CX。

あわせて読みたい
【Xeno CX】韓国ブランドのシャーペンをレビュー 樹脂軸

続きを見る


こちらのCXにはパッケージがありませんでしたが今回はこのような箱に入って届きました。さっそく開封します。

こちらが、Xeno EXTRA-S 0.5mmになります。価格は税込み990円

1000円のCXより金属が多く使われていて質感も高いのに、価格が安くて箱付き…うーん謎ですね。調べたところ、また別のパッケージに入って販売されているパターンもありました。

なぜかそのパッケージだと10500円…バカ高い…

Xenoというメーカーや商品についての詳しい情報はほとんどないので、断片的な情報を集めてのレビューとなります。
第一印象は、ZEBRAのテクトツーウェイやuniのプロスタッフに似てるなーという印象、持った感じは結構重さを感じます。芯径は0.5mmのみでカラバリもシルバー一色です。

Xenoのシャーペンはシリーズ展開されていて、Xeno XDは樹脂軸、CXが半分メタルで半分樹脂、今回の EXTRA-Sはフルメタルとなっております。いやこれ結構面白そうなシャーペンですね、見た目は少し古さがあってスタイリッシュではないんですが割と好きなデザインです。

軸には、メーカー名や商品名、芯径が印刷されていています。印刷というか箔押しのようですね、触った感じ少し立体になっているのがわかります。
このR&Dというのは、(Research and development)の略で、Xeno EXTRA-Sは日本で研究開発された韓国の文具メーカーのシャープペンシルとなっております。

軸の途中には金属のリングが入っているんですが、これは恐らく重心を調整するために入っているんでしょうね。
グリップには、シリコンリングが4つ採用されていて、筆記時にも滑りにくくなっています。このシリコンリングは好みが分かれるところではありますね。

あれ?これ最初シリコンリングがあるから太く見えるのかなと思って気づかなかったんですが、軸は直線ですがよく見ると、グリップ部に向けて緩やかに太くなってますね、ノックキャップ側の軸径が8mmなのに対してグリップ先端が約10mmなので2mm程差があります。

この辺りも重心バランスや握りやすい太さを追求しているのでしょうか、素晴らしいですね。

口金の形状が独特で、一度外側に出っ張ってからペン先に向けて直線的に細くなっている形状。ガイドパイプは4mm、固定式です。

芯を送り出すチャックは金属製

クリップは短めで、この形状はステッドラー92525、92535シリーズに似てますね。こちらにはXenoのロゴが刻印されています。硬さは、結構やわらかめです。

ノックキャップはこんな感じ。金属を削り出したまんまという印象、この質感、僕は好きですね。特に印字などもありません。
消しゴムがついていて、芯のつまりを解消できるクリーナーピンはついていません。少し見えますが芯タンクは樹脂製です。

あ、この感じ…ノックキャップをつけた時に壁に擦れるような感触がありました。

これが意味するのは、ノックキャップの隙間が非常に小さくブレや音が少ないという証拠です。しかもノック感は軽快、いいですね、書き心地も期待できそうです(レビュー動画にてご確認ください)。

重心は、中央より少し低めの低重心。

Xeno EXTRA-Sは、全長147mm、重さ21.6g、軸径が最大10mmとなっております。それではいよいよ実際に書いてみたいと思います。

Xeno ゼノ EXTRA-S シャープペンシル 0.5mm シルバー
ゼノ


Xeno EXTRA-S を使用した感想

Xeno EXTRA-S の良かった点

あー、結構いいですよ。ノックキャップはほんの僅か動いてる感じはありますが、全然気にならないレベルですね。この書いていてペン先にビリビリと金属感を感じる感覚は、ステッドラーの92535に非常によく似た書き心地です。重心も低すぎずちょうどいい感じですね。

それではXeno EXTRA-Sの良かった点からまとめます。質感が良く見た目がかっこいいい、書き心地がいい、重心バランスがいい、滑らず握りやすい、程よい重さで安定した筆記が可能

Xeno EXTRA-S のここが気になる

次に気になる点ですが、このペンは結構ターゲットを絞って作られていると感じます。

というのもこの4つのシリコンリングは結構低めの位置に配置されているんです。

配置通りこの位置で握るとクリップも手に当たらないようになっていますし、僕みたいにペン先に近いところを握る方にとってはとても書きやすく感じるシャーペンだと思います。しかし、上の方を持つ方にとってはシリコンリングの数が足りてないのと、クリップも手に当たることになるので少し扱いずらく感じると思います。見た目は悪くなるんですが、せめてあと一つか二つリングを追加するといいかなと感じました。まあ重心バランスもこのグリップ位置で握ることを想定して設定されているので、少し上を握るのはお勧めできませんけどね。これは余談ですが、海外のシャーペンってこういった傾向が強いですね。
先日ご紹介しましたALVINもペン先に近いところを握る方にとってはとても書き心地がいいペンとなっていました。

あわせて読みたい
【ALVIN】Draft-Tec Retrac ダブルノック式のシャーペンを徹底レビュー

続きを見る


では話を戻します、それから口金にはネジが切ってあるんですがグリップ部にはネジがないので、口金が少しでも緩んでいると書き心地が悪くなったりグリップがくるくる回ったりするのでここは注意が必要です。これ最初グリップがずっとくるくるまわるのでガイドパイプの長さ調節ができる機構がついているのかと思ったのですが、ただ口金が少し緩んでいただけでした。しっかり締めて使用しましょう。
それから重さが21gあるので、少し重めのペンが苦手な方にとっては疲れやすいかもしれません。気になったのはこれくらいです。

Xeno EXTRA-S まとめ

  • 日本で研究開発している韓国の文具メーカー「Xeno」の商品
  • 芯径は0.5mmのみ
  • カラバリもシルバー一色
  • フルメタルボディ
  • ペン先は固定式のガイドパイプ
  • 金属チャック
  • ノック式

良かった点

  • 質感がよくかっこいい
  • 書き心地がいい
  • 重心バランスがいい
  • 握りやすく滑りにくい
  • 程よい重さで安定した筆記が可能

気になる点

  • シリコンリングの数が足りてない
  • クリップが手に当たる
  • グリップは固定してほしかった
  • 重めなので軽いペンが好きな方には向いていない

今回は韓国文具、Xeno EXTRA-S 0.5mmのご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

このペンはペン先に近いところを握る方にとってはお勧めできるシャーペンといえます。少し重めで僕にはぴったりのペンでしたので、個人的にとても気に入ってます。

また、書き心地が似ているステッドラー9252535シリーズが好きな方にも気に入っていただけるかと思います。ただね、耐久性などの品質は長く使わないとわからないので引き続き使ってみて問題ないかチェックしていこうと思います。この辺りも何かあった時はTwitterやショート動画などでお伝えできればなと思います。Xeno EXTRA-S、気になった方は是非チェックしてみてくださいね。
それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGoodボタンとチャンネル登録お願い致します。最後までご覧いただきありがとうございました。

Xeno ゼノ EXTRA-S シャープペンシル 0.5mm シルバー
ゼノ

新着記事

手帳やペンケース 文房具

2024/5/21

【バハギア】ロール型ファスナーペンケースの筆箱の中身紹介&徹底レビュー Bahagia & Craft

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、バハギア&クラフトの商品になります。 本題に入る前に、HEROTVではメーカーに忖度のない文房具の徹底レビューを幅広くしておりますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。 そしてHEROTVのHEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品をテーマごとに分けて厳選し、買い物しやすくまとめています。特におすすめのセール情報は随時更新しています。是非フォローして ...

多機能ペン 文房具

2024/5/19

【ブレン4+S】こだわり満載!ZEBRAの多機能ペンを徹底解説&レビュー bLen

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回の新商品は、前回に引き続きZEBRA様よりご提供いただきました。この度は誠にありがとうございます。今回ご紹介するのは、ブレンの新商品になります。 本題に入る前に、HEROTVではメーカーに忖度のない文房具の徹底レビューを幅広くしておりますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。 そしてHEROTVのHEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品をテーマごとに分けて厳選し、 ...

シャーペン 文房具

2024/5/11

【POST DRAW】ラダイトの新たなシャーペン ポストドロー を徹底解説&レビュー Luddite

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、ラダイトの新商品になります。動画の流れはこちらです。 本題に入る前に、HEROTVではメーカーに忖度のない文房具の徹底レビューを幅広くしておりますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。 そしてHEROTVのHEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品をテーマごとに分けて厳選し、買い物しやすくまとめています。特におすすめのセール情報は随時更新しています。 ...

シャーペン 文房具

2024/5/11

【ノックペンシルM-1700】ZEBRAの新商品を解説 & 徹底レビュー シャーペン

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、ZEBRA様より新商品をご提供いただきましたので、ご紹介させていただきます。この度は誠にありがとうございます。 本題に入る前に、HEROTVではメーカーに忖度のない文房具の徹底レビューを幅広くしておりますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。 そしてHEROTVのHEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品をテーマごとに分けて厳選し、買い物しやすくまと ...

手帳やペンケース 文房具

2024/5/11

【フロントスライドペンケース】ギミックが面白い筆箱紹介&レビュー

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、ファニーズの商品です。 本題に入る前に、HEROTVではメーカーに忖度のない文房具の徹底レビューを幅広くしておりますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。 そしてHEROTVのHEROTVのAmazonストアフロントでは、僕が実際に使用した商品をテーマごとに分けて厳選し、買い物しやすくまとめています。特におすすめのセール情報は随時更新しています。是非フォローしてご利用下さい。 ...

-シャーペン, 文房具
-