スイッチペン

ボールペン 文房具

【スイッチペン】軸が変形するペンの凄さと使用上の注意点

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回は、アメリカのアーティストによって生まれた面白いペンをご紹介したいと思います。

YouTube動画

スイッチペンの基本情報

今回ご紹介するペンは、CRUSHMETRICという2019年に設立された会社と、共同設立者でもあるアメリカの彫刻家兼アーティスト、ノア・デレッタさんが3年かけて開発したペンになります。
ノア・デレッタさんは、グラフィックデザイン、油絵、グラフィティ、彫刻やマルチメディア、ファッション等非常に多くの作品を手掛けており、世界でもっとも注目を集めているアーティストの一人です。中でも機械や道具を使わずに指でアルミ缶をへこませて、幾何学模様を浮き彫りにした作品を数多く生み出しており、アルミ缶を使用した作品はデレッタさんの代表作となりました。

そんなCRUSHMETRICから発売されたのがこちらのボールペン、スイッチペンになります。

価格は税込み1430円

購入時はこのような化粧箱に入って届きました。では開封していきます。今回ペン以外の内容物はありませんでした。こちらがスイッチペン本体となります。

第一印象は軽くて樹脂が多いため、個人的にチープな印象を受けました。

実は、スイッチペンが届いてから動画を撮影するまで試し書きしたり色々使ってみたんですが、その過程でここわかりますか、軸と口金の境目。ここがぐちゃぐちゃになったんですね。
これは後半で詳しく説明しますが、このペンは取り扱いに注意すべきところがありますので是非最後までご覧いただければと思います。それでは本体を見ていきます。

ペン本体は全体的に非常にシンプル。
軸はシルバーで表面はつるつるしていています。でこちらにつなぎ目があるのがお分かりいただけますでしょうか。これはアルミフィルムを巻き付けているんですね。その為ここにつなぎ目が出来ています。口金とノック部は樹脂製。耐破損性プラスティック

ノック部側面にはCRUSHMETRICとロゴが入っています。

クリップは細めで柔らかく、引っかけることはできますがご覧の通り空洞となっていますので、しっかり挟んで止めることはできません。ここは残念ですね。

こちらのスイッチペンの最大の特徴は、ノック時の軸の変形。ノックはこちらを下げることによりリフィルを出すことができるんですが、ちょっとやってみますね。

一見表面がつるつるしている軸が、ノックすることによってこのように美しい幾何学模様に変形してリフィルを押し出します。で、こちらを押し上げてリフィルを収納すると、またもと元のつるつるした軸に戻ります。

これ凄くないですか?この変形時のメキメキメキっていう音も、なんかいいですよね!

こういったペンの構造だったり、内部機構に関する詳しすぎる解説はメーカーによる特許の取得方法なんかによっては、これをユーザーがメーカーの許可なく公の場で詳しく公開することは法律的にもよろしくないことになりますので、たまに詳しくやってる方がいますが、僕はさらっと解説しようと思います。

ここね、ノックの際にこの部分がペン先の方に向けて下がるんです。上下から圧力をかけると模様が浮かび上がる仕組みになっているのですが、それプラス、軸は少し柔らかくなっているので、触ってみると内側に幾何学模様の「型」があるのが確認できます。

ですのでノックすることで上下から圧力をかけつつ内側から型を押し付けて幾何学模様を浮かび上がらせている仕組みとなっているようです。

初期リフィルは0.5mmのジェルインクです。重心は高重心。
全長145mm、質量12.7g、軸径が15mmとなっております。それでは実際に使用してみたいと思います。

スイッチペンを使用した感想

スイッチペンの良かった点

リフィルはジェルインクということですが、とてもなめらかです!

色も濃いですし、他社リフィルに交換する必要もなさそうです。

それでは早速良かった点から。まず、やはりスイッチペンの最大の特徴、軸の変形ですね。これは実に素晴らしいです。そして美しい。それと、ノックの感触が心地いい。この音と感触は癖になりそうで、何度も変形させてしまいます。

次にこの幾何学模様のおかげでグリップも効きます。この軸は見た目だけではなく実用性も兼ね備えているんですね。そして初期リフィルが滑らかで書き心地がいい。これはうれしい誤算でした。最後に、ペン先のがたつきが少ない。ここも想像以上に書き心地にもこだわって作られているんだなと感じます。

スイッチペンのここが気になる

次に気になる点ですが、実はこのペン…

特殊なペンということで使用上特に注意すべき点が3点あります。

なのに、その注意喚起をHP上でしかしてないんですね。

説明書などを同封するなどの配慮が足らないと思います。というのもですね、普通に使用していてもスイッチペンとして使用できなくなるほどのことが起こりうる状況なんです。

どういうことか注意点をまとめて解説します。

スイッチペンの使用上の注意

  • 軸は強く握らない
  • 使用した後は必ずリフィルを収納する
  • リフィルを交換する際に重要な事

軸は強く握らない

まず1つ目、軸は薄い素材ですので強い力を加えると変形してしまいます。ギュッと握っただけでもへこんでしまって、もう変形ができなくなる可能性がありますので軸は強く握らないようにしましょう

使用したリフィルは必ず収納する

2点目は、このペンは書いた後はリフィルを収納して変形を解除する必要があります。こうして軸を休めないと模様の跡が付いたままになってしまうので注意が必要です。使わない時はリフィルをしまって軸を休めてください

リフィルを交換する際に重要な事

3点目は、リフィルの交換です。この項目が非常に重要

順を追って解説しますと、まずリフィルは口金を外して交換することになるのですが、口金を外す際も軸を持って回さないこと。ノック部を持って回しましょう。で、口金を締める際に、よく確認してください。

リフィルを交換後。これが正常な状態です。この状態だと口金を締められます。

このように軸の結合部分よりアルミフィルムがはみ出していないか必ず確認してください!

こうなっている状態が危険な状態です。薄いアルミの軸がはみ出ていますね。これは手で押し上げても戻りません。

僕はここでこのまま口金を締めるとどうなるのか試したかったのでそのまま締めると、リフィルを出しても幾何学模様が出なくなりました。何とかバラして治したので今は大丈夫ですが、ここがぐちゃっとなったままです。

こうならないようにするには、ノック部を上げた状態でこの隙間につまようじなどを差し込んで押し下げる。これをしっかりやるとアルミがきれいに収まりますのでその上で口金を締めるようにしてください。

こんな重要なことをHP上でしか言ってないのはこれはいかがなものかと思います。

しかも、それを知らずに口金を締めて不具合が出ても補償はしないといってます。ならなおさらこの取り扱いの注意喚起をしっかりとやるべきではないでしょうか?


あと気になった点は、カラバリは、海外向けサイトでは軸が玉虫色になっているものもラインナップされているのですが、現段階では国内向けに発売されているのは1種類のみです。個人的には価格が上がってもいいので口金やノック部に金属を採用したモデルの発売もしてほしいです。そうすればチープさもなくなり、かなりかっこよくなりそうです。あと気になったのは、軸のフィルムの繋ぎ目。これは仕方がない所もありますが手触りも良くないので個人的にはこの辺りが非常に気になりました。

スイッチペン まとめ

  • CRUSHMETRICから発売された、共同設立者でアーティストのノア・デレッタさんと3年かけて開発したペン
  • ノックをすると軸が幾何学模様に変形する
  • 初期リフィルは中国製のゲルインク
  • 芯径は0.5mmのみ

ポイント

  • 軸の変形ギミックが素晴らしい
  • ノックの感触がいい
  • 初期リフィルが非常に滑らか
  • ペン先のがたつきがほとんどない

ポイント

  • カラバリが少ない
  • クリップが機能的ではない
  • 使用上、重要な注意事項の情報発信が少ない

今回はCRUSHMETRICのスイッチペンのご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

ペン自体はシンプルで美しく何と言ってもこのギミックが素晴らしいし書きやすいですし、ノア・デレッタさんによるとてもすぐれた作品だと感じました。ただね、使用上の注意事項には皆さん十分気を付けて、少しでもこの素晴らしいペンを長く楽しんでいただければと思います。皆様も気になりましたら是非、手に取って試してみてください。購入は公式ストアをメインに販売しております。それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGOODボタンとチャンネル登録お願い致します。最後までご覧いただきありがとうございました。

新着記事

シャーペン 文房具

2023/1/18

【プロユース171】限定色 マットブラック&カッパー を開封レビュー 文房具

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、プラチナ万年筆の新商品です。 サムネにもあるように、今回のシャーペンは大人の雰囲気が漂う製図用シャーペンとなっています。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと見ていきます。本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずはプラチナについて簡 ...

シャーペン 文房具

2023/1/17

【ザ・ドクグリ】新作 THE Dr.Gripを開封レビュー 文房具 購入品紹介

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはPILOTの新商品になります。今回のペンは疲れにくいグリップとフレフレ機構でお馴染み、2022年の12月に発売された、ドクターグリップの最上位モデルです。気になっている方も多いのではないでしょうか?今回のペンは、2つの新機構が搭載されたペンとなっていますので、従来のモデルと比較しながら順を追って解説していきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなん ...

ボールペン 文房具

2023/1/16

【パーカー】シズレ GT 純銀製高級ボールペンをレビュー PARKER SONNET PREMIUM CISELER GT

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、パーカーのボールペンになります。 サムネにもあるように、今回のペンは純銀製、スターリングシルバーのボールペンです。高級溢れる回転繰り出し式のボールペンをお探しの方にお勧めの1本となっております。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと解説していきますので是非最後までご覧ください。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビュー ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【ヘキサゴナル】ステッドラー 92577 限定色シャーペンを開封レビュー STAEDTLER HEXAGONAL バージョン0

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはステッドラーの新商品のご紹介です。サムネにもあるように、今回のペンは2022年の11月に発売した注目の製図用シャーペンになります。詳細は商品の基本情報の項目でお伝えしていきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、木軸や万年筆、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方はチャンネル登録をお願い致します。 目次1 STAEDTLER ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【メタシル ライトノック】ノック式の新作を開封レビュー metacil light knock

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、サンスター文具の新商品です。 サムネにもあるように、今回のペンは過去に話題となった、削らず16km書き続けられる、金属鉛筆、メタシルの新しいモデルとなっております。それではまずサンスター文具について簡単にご紹介させていただきます。 目次1 メタシル ライトノック YouTube動画2 メタシル ライトノック の基本情報3 メタシル ライトノック を使用した感想3.1 メタシル ライトノック の良かった ...

-ボールペン, 文房具
-