amazon basics 万年筆

万年筆 文房具

【amazon basics】1000円台で買えるアマゾンの万年筆を徹底レビュー M中字

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回ご紹介するのは、amazon basicsの万年筆になります。こちらの動画や記事では、amazonで買い物をしている時によく見かける万年筆について詳しくレビューしていますので、是非購入などの参考にしていただければ嬉しいです。

YouTube動画

amazon basics 万年筆の基本情報

こちらはamazon basicsの商品となっていまして、amazon basicsとは、高品質の商品を低価格でお届けすることを目的とした、アマゾンが全世界で展開するオリジナルブランドです。
amazon basicsからは非常に様々なものが発売されていますが、今回はその中から万年筆を購入してみました。

購入時はこのような箱に入って届きました。箱は樹脂製で、しっかりしたものですね。それでは開封していきます。

付属品はカートリッジが2本。本体の内部にも1本入っています。

カートリッジにもamazon basicsと入っていますね。こちら欧州共通規格となっております。コンバーター付属していません。

こちらがamazon basicsの万年筆になります。価格は税込み1162円価格はセール中だったりするとさらに安く買えます
ぱっと見、全体的に光沢があり質感はよさそうですね。デザインはとてもシンプル。カラバリは黒のみ、字幅はF細字とM中字の2種類となっております。
軸は真鍮製。程よく重さがあって、筆記時に安定感を得られそうです。軸やリングにも特に印刷や刻印はありません。

クリップにはamazon basicsと刻印されていて、固すぎずクリップとしての機能もしっかりと果たしてくれます。キャップは嵌合式。少し硬めですがパチっと閉まります。
ニブはステンレス製。Mと入っている以外は何のデザインもありません。

首軸はシルバーのメッキですね、個人的にはここは黒い方が良かったかな。重心は、低重心。キャップポストすると高重心になります。

amazon basics 万年筆は、全長140mm、質量32g、首軸の軸径が10mmとなっております。それではカートリッジを装填して書いてみたいと思います。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥1,211 (2023/02/02 21:08:01時点 Amazon調べ-詳細)

amazon basics 万年筆を使用した感想

amazon basics 万年筆の良かった点

あー、なるほど…悪くないです。

それではよかった点から。まず見た目が非常にシンプルで質感がいい。プラスチック感のような安っぽい印象はありませんでした。普段使いもしやすそうな当り障りのないデザインです。
次に程よい重さ。やっぱり僕はこれくらいの重さはほしいですね。

長時間の筆記には向いていませんが安定感があって書きやすいですからね。

あと価格が安い。他の同価格帯の万年筆と比較しまうと色々言いたいことは出てくるんですが、単体で見るとこの質感でこの価格なら十分だと思います。気にせずガンガン使えますしね。
その他、カートリッジが3本ついているのはいいですね。すぐ書き始められるし、割と長持ちしそうです。

amazon basics 万年筆のここが気になる

次に気になる点ですが、まずペン先が硬くてたまにかすれる。書き味に少しクセがあって、全くしならず昔ながらの世界基準の万年筆といった印象ですね。

日本人向けには作られていないので、国産万年筆のように日本語は書きにくいのでここは好みが分かれそうです。

あと、キャップポストの際には結構な高重心になります。僕はあまりキャップポストはしないのですが、この辺りも気になりました。

それからインクフローが結構多めでサラサラと筆記できますんですが、ゆっくり書くとMだと滲みがち。とはいえ紙との相性もあると思いますけどね。
気になったのはこれくらいです。

amazon basics 万年筆 まとめ

  • アマゾンが全世界で展開するオリジナルブランド「amazon basics」から発売されている万年筆
  • 樹脂製のしっかりとした箱
  • amazon basicsのカートリッジが3つ付属
  • カートリッジは欧州共通規格
  • カラバリは黒のみ、字幅はF細字とM中字の2種類
  • キャップは嵌合式
  • ニブはステンレス製

良かった点

  • 見た目がシンプルで質感がいい
  • 程よい重さ
  • コスパがいい
  • カートリッジが3本ついている

気になる点

  • インクフローは悪くないがたまにかすれる
  • キャップポストの際には高重心になる
  • ゆっくりめに書くと滲む

今回はamazon basicsの万年筆、M中字をご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか。

まだ使い込んでいないので、使い続けるといい所も気になる所も見えてくるとは思いますが、ファーストインプレッションのレビューとしてはこんな感じでした。僕は基本的にはレビュー動画は、比較動画とは違って商品単体のレビューしていますので比較すればきりがありません。今回のamazon basicsの万年筆も、この価格でこの品質の万年
筆を出せるというのは、さすがです。個人的には、滑らかすぎて万年筆らしさを感じられないものよりも、こういった商品の方が「万年筆とはこういうものだ」ということをわかってもらえると思うので、初心者の方にもそういう意味では是非使っていただきたいなと思いました。

それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGOODボタンとチャンネル登録お願い致します。最後までご覧いただきありがとうございました。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥1,211 (2023/02/02 21:08:01時点 Amazon調べ-詳細)

新着記事

シャーペン 文房具

2023/1/18

【プロユース171】限定色 マットブラック&カッパー を開封レビュー 文房具

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、プラチナ万年筆の新商品です。 サムネにもあるように、今回のシャーペンは大人の雰囲気が漂う製図用シャーペンとなっています。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと見ていきます。本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずはプラチナについて簡 ...

シャーペン 文房具

2023/1/17

【ザ・ドクグリ】新作 THE Dr.Gripを開封レビュー 文房具 購入品紹介

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはPILOTの新商品になります。今回のペンは疲れにくいグリップとフレフレ機構でお馴染み、2022年の12月に発売された、ドクターグリップの最上位モデルです。気になっている方も多いのではないでしょうか?今回のペンは、2つの新機構が搭載されたペンとなっていますので、従来のモデルと比較しながら順を追って解説していきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなん ...

ボールペン 文房具

2023/1/16

【パーカー】シズレ GT 純銀製高級ボールペンをレビュー PARKER SONNET PREMIUM CISELER GT

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、パーカーのボールペンになります。 サムネにもあるように、今回のペンは純銀製、スターリングシルバーのボールペンです。高級溢れる回転繰り出し式のボールペンをお探しの方にお勧めの1本となっております。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと解説していきますので是非最後までご覧ください。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビュー ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【ヘキサゴナル】ステッドラー 92577 限定色シャーペンを開封レビュー STAEDTLER HEXAGONAL バージョン0

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはステッドラーの新商品のご紹介です。サムネにもあるように、今回のペンは2022年の11月に発売した注目の製図用シャーペンになります。詳細は商品の基本情報の項目でお伝えしていきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、木軸や万年筆、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方はチャンネル登録をお願い致します。 目次1 STAEDTLER ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【メタシル ライトノック】ノック式の新作を開封レビュー metacil light knock

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、サンスター文具の新商品です。 サムネにもあるように、今回のペンは過去に話題となった、削らず16km書き続けられる、金属鉛筆、メタシルの新しいモデルとなっております。それではまずサンスター文具について簡単にご紹介させていただきます。 目次1 メタシル ライトノック YouTube動画2 メタシル ライトノック の基本情報3 メタシル ライトノック を使用した感想3.1 メタシル ライトノック の良かった ...

-万年筆, 文房具
-