アシュフォード m5手帳 ディープ

手帳やペンケース 文房具

【M5手帳】ASHFORD Deep MICRO5 収納力抜群! アシュフォードの人気手帳を徹底レビュー

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回ご紹介するのは、アシュフォードの手帳になります。

YouTube動画

ASHFORD Deep MICRO5の基本情報

アシュフォードは1986年創業。1994年にMICRO5サイズの手帳の販売を開始。翌年にはそれが大ヒットしM5手帳のブームが到来。2012年にはA4ジョッターが「日本文具大賞 機能部門 優秀賞」を受賞するなど、アシュフォードは手帳ブームの火付け役を担う日本のブランドです。

そんなアシュフォードから販売されているのがこちらの手帳、ディープ MICRO5。購入時はこのような箱に入って届きました。

今回M5手帳を購入するにあたって仕様の条件を4点設定しました。

購入条件

  1. 1万円以内であること
  2. リングガードがついていること
  3. リングは11mm以上であること
  4. ペンホルダーは可動式

これらの条件を満たすものをチョイスして購入しています。
実はアシュフォードの手帳は2つ同時に購入していて、もう一つはまた別動画で徹底レビューしようと思います。
それでは早速開封していきます。(手帳の詳細はYouTubeでレビューしていますのでそちらをご覧ください)

中には保証書が入っています。こちらがアシュフォードのディープMICRO5になります。価格は税込み7700円
こちらのディープ MICRO5は、発売から数年経っていますが今でも人気の手帳だそうです。

第一印象は、財布?って感じですね。

実際財布と手帳を組み合わせたイメージで作られていると思うんですが、僕は普段からシンプルな手帳を好んで使っていて、財布は長財布派ですし、本来ポケットが多かったりするものはあまり好みではないんですよ。でも食わず嫌いというか、そういったものも実際に使ってみないと良さはわからないだろうという事で、今回はちょっと冒険してみました。初のM5手帳になります。

カラバリはブラック、ネイビー、ブラウンの3色展開。僕はブラックを購入しました。
こちらはバッファロー、水牛の革です。シボが大きめで、非常に柔らかくしなやかな革ですね。
この革はインドで職人の手により丁寧に鞣され、時間をかけてロウを浸透させているため手触りが良く、また傷が付きにくいようにオイルの配合がされているので、使用するごとに艶が増していきます。

ディープ MICRO5のデザインの特徴の一つ、スティッチはカラーによって色が異なり、大人過ぎないカジュアルな雰囲気を演出しています。こちらのブラックにはグレーの糸が使用されています。
こちらの手帳の最大の特徴は、機能性。内外に多くのポケットが採用されていますので、外側から順番に見ていきます。

まずこちら、手帳の裏側にはファスナーポケットがあります。こちらはYKK製品ではなさそうですね。少し硬めですがスムーズに開きます。このポケットは織り込みがありますので大きく開くようになっていて、小銭を入れた際にも取り出しやすく配慮されています。

こちらにはお札が入れられそうな大きなポケットがあります。

これはもうまさに「財布」ですよね。


「革の厚み」と「芯材の厚み」にこだわり作られていて、システム手帳は背ポケットを付けていても開きよく書きやすくなっています。

内側を見ていくと、まず左側にはカードポケットが二つ。一つは大きく開くようになっていて、名刺サイズのカードが入ります。中央にはリング径11mmの5穴リング。こちらには、約70枚のリフィルが入ります。

僕が手帳を購入する際に重視しているポイントの一つ、リングガード。これもしっかりついています。これがあると手帳の表側にリングの跡が出にくいんです。
右側には、ポケットが二つ、カードポケットが一つ。かなりの大容量ですね。

で最後にペンホルダー。ペンホルダーは可動式になっていて、かなり大きいサイズのペンも入ります。可動域が非常に大きいですね。
ディープ MICRO5は、縦124mm、横88mm、質量99g、リング径11mmとなっております。

created by Rinker
Ashford(アシュフォード)
¥7,700 (2023/02/03 06:24:38時点 Amazon調べ-詳細)

M5手帳のリフィルのセットアップ

ではリフィルのセットアップですが、今回はラブリーフの月間ブロックマンスリー、20枚で540円くらいのものと…

同じくラブリーフのウィークリー 日付なし 見開き4日 週間ブロック式 55枚。こちらは550円。TODOリストとメモを書き込めるところがあって、これ結構便利です。

あとアシュフォード セクション。2mmの方眼で2つ折りになっていますのでここにタップリ書き込めます。20枚で960円

created by Rinker
Ashford(アシュフォード)
¥950 (2023/02/03 06:24:40時点 Amazon調べ-詳細)

それから仕切りや下敷き代わりにノックス リフター。2枚入りで440円。これらを入れていきます。

created by Rinker
KNOX/ノックス
¥440 (2023/02/03 06:24:41時点 Amazon調べ-詳細)

ペンはね、皆さん結構悩まれると思うので、また別で動画を作ろうと思っているんですが、今回はパーカー ソネットを入れます。これは赤と黒のボールペンとシャーペンが搭載された多機能ペンです。細軸で高級感もあって非常に手帳に合います。

Deep MICRO5を使用した感想

Deep MICRO5の良かった点

ここからは実際に1週間使用してみた感想です。それではよかった点から。

まずルックスですがかわいくもありかっこよくもある。どちらかと言えばカジュアル寄りだと思うのですが、年齢性別問わず使用しやすい手帳だと思います。
次に抜群の収納力

ただ使えないポケットが沢山ついているものではなく、明確に財布としても使えるというコンセプトのもとに作られているので、コンパクトでも使えるポケットばかりなのは非常に素晴らしいです。

あと価格。価格は安いですね。大体1万円前後するものがほとんどですが、本物の革製品でこれだけの収納の多さを考えると安いと思います。
そのほか、経年変化を楽しめる。これぞ革製品の醍醐味。使い込めば使い込むほど艶が増してなじんでいく。ここも魅力です。

Deep MICRO5のここが気になる

次に気になる点ですが、まずペンホルダーの位置が高い

僕はペンを結構な本数所持していますが、それでもなかなかこの手帳に合うペンを見つけられませんでした。

というのもペンホルダーの位置が高くて上に結構はみ出したり、ペンホルダーが短いのでクリップの隙間でペンがぶらぶらしてしまったりと収まりが悪いんですね。なので位置をもう少し下げて、ペンホルダーの長さを長めに取っていただけるとペンが安定するのではないかと感じました。

あと気になったのは、外側のファスナー。こちら、コイルファスナーといって合成樹脂ファスナーなんですね。持ち手はメッキスライダーなんですが、ファスナー自体がコイルですので耐久性の心配もあります。財布としての機能を持ち合わせた手帳ということで、ここにはお金を入れることを想定して作っているはずですので、ここは耐久性がある金属のメタルファスナーを採用すべきだったのではと思います。コストの問題や財布自体が柔らかいので金属を採用すれば硬くなってしまうなど理由があったのかもしれませんが、個人的にはそう感じました。気になったのはこの辺りです。

コイルファスナーの方が、手に当たっても痛くないというメリットはありますね!

ASHFORD Deep MICRO5 まとめ

  • 手帳と財布が合わさったような大容量のM5手帳
  • 素材は水牛の革
  • カラバリはブラック、ネイビー、ブラウンの3色展開
  • リングガード付き
  • ペンホルダーは可動式

ポイント

  • 年齢性別問わず使いやすいルックス
  • 抜群の収納力
  • 1万円以内で購入できる
  • 革の硬さが丁度いい

ポイント

  • ペンホルダーの位置が高い
  • 外側のファスナーがコイルファスナーであること

今回はアシュフォードのディープ MICRO5のご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

本来なら僕は選ばないタイプの手帳なのですが、実際に1週間ほど使用するとやはり愛着が湧いてきました。冒頭にも言いましたが同時に購入したもう一つあるのですが、そちらの手帳は、逆にシンプルなものとなっております。そちらのレビュー動画も楽しみにしていてくださいね。

それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGOODボタンとチャンネル登録お願い致します。最後までご覧いただきありがとうございました。

created by Rinker
Ashford(アシュフォード)
¥7,700 (2023/02/03 06:24:38時点 Amazon調べ-詳細)

新着記事

シャーペン 文房具

2023/1/18

【プロユース171】限定色 マットブラック&カッパー を開封レビュー 文房具

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、プラチナ万年筆の新商品です。 サムネにもあるように、今回のシャーペンは大人の雰囲気が漂う製図用シャーペンとなっています。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと見ていきます。本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずはプラチナについて簡 ...

シャーペン 文房具

2023/1/17

【ザ・ドクグリ】新作 THE Dr.Gripを開封レビュー 文房具 購入品紹介

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはPILOTの新商品になります。今回のペンは疲れにくいグリップとフレフレ機構でお馴染み、2022年の12月に発売された、ドクターグリップの最上位モデルです。気になっている方も多いのではないでしょうか?今回のペンは、2つの新機構が搭載されたペンとなっていますので、従来のモデルと比較しながら順を追って解説していきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなん ...

ボールペン 文房具

2023/1/16

【パーカー】シズレ GT 純銀製高級ボールペンをレビュー PARKER SONNET PREMIUM CISELER GT

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、パーカーのボールペンになります。 サムネにもあるように、今回のペンは純銀製、スターリングシルバーのボールペンです。高級溢れる回転繰り出し式のボールペンをお探しの方にお勧めの1本となっております。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと解説していきますので是非最後までご覧ください。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビュー ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【ヘキサゴナル】ステッドラー 92577 限定色シャーペンを開封レビュー STAEDTLER HEXAGONAL バージョン0

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはステッドラーの新商品のご紹介です。サムネにもあるように、今回のペンは2022年の11月に発売した注目の製図用シャーペンになります。詳細は商品の基本情報の項目でお伝えしていきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、木軸や万年筆、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方はチャンネル登録をお願い致します。 目次1 STAEDTLER ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【メタシル ライトノック】ノック式の新作を開封レビュー metacil light knock

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、サンスター文具の新商品です。 サムネにもあるように、今回のペンは過去に話題となった、削らず16km書き続けられる、金属鉛筆、メタシルの新しいモデルとなっております。それではまずサンスター文具について簡単にご紹介させていただきます。 目次1 メタシル ライトノック YouTube動画2 メタシル ライトノック の基本情報3 メタシル ライトノック を使用した感想3.1 メタシル ライトノック の良かった ...

-手帳やペンケース, 文房具
-