プチプラ太軸ボールペンランキング

ボールペン 文房具

【1000円台】新社会人必見 プチプラ太軸ボールペンランキング BEST4

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回は、1000円台で購入できる、プチプラ高見えボールペンをランキング形式でご紹介したいと思います。
僕が所持しているペンの中から、低価格でスーツの胸ポケットにも映えるおすすめボールペンを厳選しましたので新社会人の方は特に参考にしていただけると思います。今回は太軸バージョンです。別動画で細軸バージョンのランキングも公開していますので合わせてご覧いただければ嬉しいです。

僕の動画では、いい所だけでなく気になるところもメーカーさんに忖度なく、しっかりとレビューしますので安心してくださいね。

ちなみに廃盤になっているペンは除外しています。それでは早速やっていこうと思います。

ゼブラ フィラーレウッド

それではまず第4位の発表です。

第4位はこちら、ゼブラ フィラーレウッド。0.7mmの油性ボールペンになります。

こちらは以前公開した別のランキングにも入っているペンなんですが、アマゾンで1400円ほどで購入できるボールペンです。軸はツートン。上部はマットブラックで、グリップにはブナという木材が使用されていて、かなり高級感ありますね。グリップが木ですので使えば使うほど手になじんで味が出てきます

ノック機構は回転繰り出し式となっていて、軸上部を回転させることでリフィルを出すことができます。ノックは硬めなので収納時に手を放しても自動で収納されずに止まったままになります。
他にも同じモデルでノック式もラインナップされていますので、お好みで選択してください。ノック式の方は軸中央のリングがなかったり、クリップのデザインが少し異なります。

こちらのクリップはごつめで…結構硬いです。
サイズは全長142mm、質量42g、軸径最大12.7mm。重心はリングの辺り、高重心です。

それでは書いてみます。

しかし書いていて後ろに引っ張られるよ
うな感覚はありませんのでバランスは悪くないです。


初期リフィルはエマルジョンインクREQ7-BK。水性インクのような滑らかな書き味が特徴です。僕はこのインク結構好きですね。

気になるところはペン先のブレ。ちょっとブレは大きめかな。書いていて不快というほどではありません。あと、42gと重めのペンですので、この辺りは好みが分かれそうです。しかしこの質感で約1400円は安いですよね。

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥1,436 (2023/02/03 09:51:56時点 Amazon調べ-詳細)

PILOT COCOON

次は第3位の発表です。

第3位はこちら、パイロット コクーン。2013年にはグッドデザイン賞を受賞している0.7mmのボールペンになります。

20代から30代をターゲットに開発されたペンで、カラバリはブラック、ホワイト、シルバー、ブルーボルドー、チタン、メタリックグレーの7色展開。僕はメタリックグレーを購入しました。芯径は0.7mmのみです。他にもシャーペンや万年筆もラインナップされています。

こちらも中央が膨らむアーモンド型、シンプルなデザインで落ち着いた雰囲気ですのでビジネスシーンにもぴったりですね。

クリップは細めで、柔らかめです。ノック機構は回転繰り出し式。軸上部を回転させることでリフィルを出すことができます。ノックの感触はいいですね、収納時手を離すと自動で収納されます。

重心は若干高重心。これはコクーンの特徴なんですが、この重心の中心部付近には、滑り止めのような加工がされています。グリップ部には加工はありませんが、ここが丁度人差し指に当たるので、滑らず筆記することが可能です。
コクーンのサイズは、全長140mm、質量30g、軸径が最大13.2mm。それでは書いてみます。

インクもなめらかで、非常に書き心地がいいですね。初期リフィルはBRFN-10F-B。なめらかでくっきり鮮やかなアクロインキ、樹脂タイプのものが搭載されています。個人的に一番好きなインクですし、Amazonでは10個で900円ほどで購入できますのでコスパも非常にいいですね。

このボールペンは今回のランキングで一番書き心地がいいです。書き心地だけの観点から行くとダントツの1位です!

このランキングの評価バランスは見た目も重視していますので、今回は3位とさせていただきました。コクーンの価格は税込み1650円

created by Rinker
Pilot
¥1,355 (2023/02/03 09:51:57時点 Amazon調べ-詳細)

OHTO CELSUS

次は第2位の発表です。

第2位はこちら、オート セルサス。こちらは0.5mmの水性ボールペンになります。

まずこの見た目。この高級感はヤバくないですか?知らなかったらこれが1000円台で買えるなんて思いませんよね。

カラバリはブラック、シルバー、ワイン、ブラウンの5色展開。僕はブルーを購入しました。軸はアルミ製。クリップ側には商品名、裏側にはメーカー名が入っています。クリップは大き目で丸みを帯びていて、硬めでしっかり挟めます。

セルサスはキャップ式

このパチッという開閉音や感触もとても心地がいいんですよ!

この辺りにもしっかりこだわって作られています。もちろんキャップポストも可能です。

口金は真鍮製。グリップはラバーで覆われています。

重心は、真ん中あたりです、サイズは、全長142mm、質量33g、軸径13.2mm。それでは書いてみます。

水性ですのでサラサラとなめらかで非常に書き心地がいいです。初期リフィルはC-305P。でこのキャップなんですが、パチッという音と感触が心地いいんですよ。ほんとにこんなに安くていいのといった感じです。

あと驚いたのは、ペン先のブレが皆無です!素晴らしい!

ただよく見てみると、この辺りのメッキ処理が少し甘いなという印象がありますので、この辺りの耐久性は期待できないかもしれません。その他気になる点ですが、ラバーのグリップがくるくる回る所。グリップ部が回転するのは書き心地にも影響してくるので、ここはしっかりと固定してほしかった。次に水性ボールペンという事。インクが裏移りしやすいことから、ビジネスシーンでは水性を使用してはいけない場面も出てくると思うので、今回はこちらの順位とさせていただきました。

で、気になる価格ですが、こちらはアマゾンで税込み1650円。軸色によって価格が変動したりもしているので、黒だとさらに安くなっています。

他にも細軸のリバティという細軸モデルはさらに安くなっていて、細軸が好みの方はそちらもおすすめします。

CROSS Bailey Light

それではいよいよ第1位の発表です!

新社会人にもオススメ、1000円台で購入できる、プチプラ高見え太軸ボールペンをランキング第1位のペンはこちら、クロス ベイリーライト。こちらはF(細字)の油性ボールペンです。恐らく1mmになるのかな?
カラバリはグレー、コーラル、ティール、ブラック、ブルー、ホワイトの6色展開。ボールペンの他にも、シャーペンと万年筆もラインナップされています。

派手さはないですが落ち着いたデザイン。口金や中央のリングなど装飾はシルバークロームとなっていて非常に高級感があります。パッケージもこのような立派な化粧箱となっております。

軸中央にはシルバークロームのリング、クリップにはクロスとロゴが刻印されています。クリップは細めですが固めでしっかり挟めます。こちらはキャップ式ではなく、ノック機構は回転繰り出し式。軸上部を回転させることでリフィルを出し入れするタイプです。収納途中で手を放しても自動で収納されず止まったままになります。
軸は樹脂製で非常に軽いです。

最初に持った瞬間軽っ!と声が出ました。

サイズは全長136mm、質量26g、軸径11mm。見た目ほど太軸ではありませんね。重心はリングの下が中心、高重心です。しかし軸が短いこともあってバランスはいいですね。持っていて後ろの重さは感じません。それでは書いてみます。


インクはかすれますし、書き心地は重め。青っぽい黒で色も薄いですね。インク自体のクオリティは普通のボールペンといった印象です。初期リフィルは8514。この回転つまみも一体化しているタイプです。純正以外で互換性があるのは三菱のSK-8という替え芯です。残念ながらジェットストリームではないので、あのなめらかさを期待するとがっかりします。

純正リフィルは高額になる為、コストの面から考えるとこちらの方がよさそうですね。

気になる点は、やはり純正リフィルですね。純正リフィルはあまり滑らかさがない上に価格が高い。互換インクは安いものがありますが種類が少ないので好みのインクを見つけられませんでした。見た目は素晴らしいのですが、書き味を求めるならこちらのペンは向いていないかもしれません。あと、購入時はノックする際に軸を回転させると、キュッという非常に不快な音が出ていました。鳥肌が立つような音だったんですが、一度リフィルをペンから出して入れ直してからは音が消えましたので、もし購入された方で音が不快だなと思った方は一度リフィルを取り出して装填しなおすといいかもしれません
こちらの価格ですが、定価は2750円なんですが、アマゾンでは1900円ほどで購入できます。価格の変動がありますのでタイミングによっては2000円を超える時もあるかもしれませんが、割と安定して1000円台で販売されています。

created by Rinker
三菱鉛筆
¥625 (2023/02/03 09:51:58時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

  • 第4位 ZEBRRA Filare WD
  • 第3位 PILOT COCOON
  • 第2位 OHTO CELSUS
  • 第1位 CROSS Bailey Light

今回は1000円台で購入できる、プチプラ高見え太軸ボールペンをランキング形式でご紹介いたしましたがいかがでしたでしょう
か。

僕は細軸よりも太軸の方が好きで所持本数が多いため、BEST4とさせていただきました。このランキングは見た目を優先させていますが…

書き心地順でしたら、4位がクロスのベイリーライト、3位がオートのセルサス、2位がゼブラのフィラーレウッド、1位がパイロット コクーンの順になります

是非参考にしていただけると嬉しいです。同様に細軸のランキングも公開しています。

それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGOODボタンとチャンネル登録お願い致します。それでは今回は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい
プチプラ細軸ボールペンランキング
【1000円台】新社会人必見 プチプラ細軸ボールペンランキング BEST3

続きを見る

新着記事

シャーペン 文房具

2023/1/18

【プロユース171】限定色 マットブラック&カッパー を開封レビュー 文房具

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、プラチナ万年筆の新商品です。 サムネにもあるように、今回のシャーペンは大人の雰囲気が漂う製図用シャーペンとなっています。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと見ていきます。本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずはプラチナについて簡 ...

シャーペン 文房具

2023/1/17

【ザ・ドクグリ】新作 THE Dr.Gripを開封レビュー 文房具 購入品紹介

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはPILOTの新商品になります。今回のペンは疲れにくいグリップとフレフレ機構でお馴染み、2022年の12月に発売された、ドクターグリップの最上位モデルです。気になっている方も多いのではないでしょうか?今回のペンは、2つの新機構が搭載されたペンとなっていますので、従来のモデルと比較しながら順を追って解説していきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなん ...

ボールペン 文房具

2023/1/16

【パーカー】シズレ GT 純銀製高級ボールペンをレビュー PARKER SONNET PREMIUM CISELER GT

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、パーカーのボールペンになります。 サムネにもあるように、今回のペンは純銀製、スターリングシルバーのボールペンです。高級溢れる回転繰り出し式のボールペンをお探しの方にお勧めの1本となっております。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと解説していきますので是非最後までご覧ください。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビュー ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【ヘキサゴナル】ステッドラー 92577 限定色シャーペンを開封レビュー STAEDTLER HEXAGONAL バージョン0

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはステッドラーの新商品のご紹介です。サムネにもあるように、今回のペンは2022年の11月に発売した注目の製図用シャーペンになります。詳細は商品の基本情報の項目でお伝えしていきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、木軸や万年筆、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方はチャンネル登録をお願い致します。 目次1 STAEDTLER ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【メタシル ライトノック】ノック式の新作を開封レビュー metacil light knock

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、サンスター文具の新商品です。 サムネにもあるように、今回のペンは過去に話題となった、削らず16km書き続けられる、金属鉛筆、メタシルの新しいモデルとなっております。それではまずサンスター文具について簡単にご紹介させていただきます。 目次1 メタシル ライトノック YouTube動画2 メタシル ライトノック の基本情報3 メタシル ライトノック を使用した感想3.1 メタシル ライトノック の良かった ...

-ボールペン, 文房具
-