ボールペン 文房具

【SAKURA craft_lab 007】001のDNAを受け継ぐ高級ボールペンを開封レビュー サクラクラフトラボ007

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです!

今回ご紹介するのはサクラクレパスの新商品になります。
サムネにもあるように、今回のペンは2022年11月5日に発売された、細軸のボールペンになります。どういったペンなのか商品の基本情報の項目じっくり解説していきます。

本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に少しでも興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずサクラクレパスについて簡単にご紹介させていただきます。

YouTube動画

SAKURA craft_lab 007の基本情報

サクラクレパスは1921年、日本クレィヨン商会として設立、数ヶ月後には桜クレィヨン商会へと改称。当初はクレヨンや絵の具を製造販売していました。1925年にクレパスを開発、1970年にサクラクレパスへ改称。1982年にふちどりマーカーを開発販売。

ふちどりマーカー!これ子供の頃に周りでめっちゃ流行りました!一体何本親に買ってもらったか…懐かしい。

で、こちらのクラフトラボシリーズが登場したのが2017年。サクラクレパスは、いつの時代も色彩の専門家として教育と文化に貢献してきた歴史ある会社です。

そんなサクラクレパスから発売された新商品がこちらのボールペン、サクラクラフトラボ007です。
購入時はこのような箱に入って届きました。

こちらは001の箱なんですが、同じ大きさになっています。箱には定番だった3角クリップは付属していません。

サクラクラフトラボは、「新しい懐かしいを作る」をテーマに、001から007まで発売されているシリーズなのですが、僕はその中でもクラフトラボ001が一番好きで、通常の真鍮モデルとアルミ軸に変更された数量限定モデルの2本所持しています。その他、3万円以上するクラフトラボ006。こちらも日々愛用しています。これらのペンの詳細に関しては過去に動画を出していますので、そちらをご覧いただければと思います。

あわせて読みたい
サクラクラフトラボ001限定アルミ
【サクラクラフトラボ001】限定モデル アルミニウムエディションを開封

続きを見る

あわせて読みたい
クラフトラボ006
【サクラ クラフトラボ 006】開封&徹底レビュー パイプウッド×ロイヤルネイビー SAKURA craft_lab

続きを見る

今回ご紹介する007は、僕が大好きな001のDNAを受け継いでいるとのことで、とても期待しています。それでは開封していきます。

こちらが、サクラクラフトラボ007になります。価格は税込み4400円
カラバリは、ストーミーグレー、セージグリーン、ディジョンイエロー、ミッドナイトブルー、プライムワインの5色展開。僕はプライムワインを購入しました。

ミッドナイトブルーと結構悩んだんですが、001とカラーが被るかなと思ってこちらにしました。

クラフトラボはこれまで基本的には細字のものってなかったのですが、パッと見てわかる通り、細くスマートになっています。
軸アルミ製で化学梨地仕上げ

化学的に表面に細かな凹凸をつける加工のことで、それによりデザイン性と機能性の向上を図っています。


マットな色合いにもなって非常に落ち着いた雰囲気です。ロゴなどの印字もなく非常にシンプルです。

グリップと口金は一体化していて、こちらは真鍮製の鏡面仕上げ。グリップ部にはローレット加工が施されています。そのため、握ったときに滑りにくくなっているうえに、こちらを回すことでリフィルの出し入れができる回転繰り出し式となっています。

クラフトラボの特徴的なクリップは、中央に穴が開いていて接地面の幅が広いことからしっかりと挟むことができます。

頭冠はこんな感じ。細かい段差が施されていて、細部にわたって拘ったデザインとなっています。中央には桜のロゴ。

初期リフィルはR-LGB05Aのブラックゲルインキ。001や002、006と同じリフィルが使用できます。
重心は中央付近。サクラクラフトラボ007は、全長132mm、重さ24g、軸径が9.5mmとなっております。それでは実際に書いてみたいと思います。

SAKURA craft_lab 007を使用した感想

SAKURA craft_lab 007の良かった点

やっぱり軸が細くなったので大分印象は変わりますね。なるほどこんな感じか。

001も書いてみます。

僕はやっぱり001の軸径の方が好みですね、最高です。もちろん007も素晴らしいですが。

006も書いてみます。これもこれでいいんですよ、ちなみにリフィルの企画は全て同じですが色はすべて違うブラックです。

ではサクラクラフトラボ007を使用した感想、まずは良かった点から。見た目がかっこいい。無駄な装飾は全て取っ払った洗練されたデザイン。
非常にシンプルで落ち着いた雰囲気。このマットな梨地と真鍮の組み合わせも非常に美しいです。

次に書き心地がいい。軽めの筆記でサラサラとかけるしサクラのゲルインキは種類が豊富ですのでお好みの黒を楽しめるのもいいですね。

それからペン先のブレ。こちらもブレが少なくて抑えられているとは思うのですが、001と比較してみると、若干007の方がブレは大きく感じます。若干ですよ。
ちなみに006はブレはありません。ここはキャップ式の強みですね。

あと、経年変化を楽しめる。真鍮は使っていくうちにこの艶々とした輝きはマットで味のあるものへと変化していきます。見た目が更に深みが増してかっこよくなると思いますし、グリップもしやすくなるんですよね。それもまた使っていく上での楽しみです。

SAKURA craft_lab 007のここが気になる

次に気になる点ですが、真鍮のグリップ。真鍮は触れば手に金属臭が付きますのでこの辺りは好みが分かれるところだと思います。

あと、サクラクレパスのゲルインキリフィルの書き味。こちらも非常に好みが分かれるところです。

僕が言っているのはゲルか油性かという所ではなく、リフィルの先、ボールの部分です。

前回の限定モデル001の紹介動画でもお伝えしましたが、すごくカリカリと振動や音が手に伝わってくるので、この書き味が苦手な方も少なくないのではないでしょうか。ペン自体は新しいものがどんどん出ていますが、このリフィルの書き味の改良はしないのでしょうか。インクやペンは素晴らしいものばかりなので、ここがもっとなめらかに改良されたらなと個人的に思います。
リフィルの規格さえ変えなければこれまで発売されてきたクラフトラボシリーズでも使用できますので、その辺り改良されることを切に願います。気になったのはこの2点です。

SAKURA craft_lab 007 まとめ

  • サクラクレパスの001から007まで発売されている高級ラインシリーズの最新作
  • カラバリは、ストーミーグレー、セージグリーン、ディジョンイエロー、ミッドナイトブルー、プライムワインの5色展開
  • グリップは真鍮製、軸はアルミ製
  • 初期リフィルはR-LGB05Aのブラックゲルインキ
  • 芯径は0.5mm
  • 同軸を回転させるタイプの回転繰り出し式

良かった点

  • 見た目がかっこいい
  • 書き心地がいい
  • ペン先のブレが少ない
  • 経年変化を楽しめる

気になる点

  • グリップを触ると手に金属臭がつく
  • 書き味がカリカリしていて指に振動が伝わる

今回はサクラクレパスの新商品、サクラクラフトラボ007のご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

今回もサクラクレパスらしい素晴らしいペンに仕上がっていました。やはり僕の中では001が最高ですが、こちらの007もとても気に入りました。これからどんどん使っていきたいと思います。
ミッドナイトブルーのカラーも凄くかっこよかったので、そちらもいずれ購入しようと思います。気になった方は是非、取扱店舗で試し書きして購入を検討いただければと思います。それでは今回は以上となります。この動画&記事が気に入っていただけましたらGoodボタンとチャンネル登録お願い致します。最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい
サクラクラフトラボ001限定アルミ
【サクラクラフトラボ001】限定モデル アルミニウムエディションを開封

続きを見る

あわせて読みたい
クラフトラボ006
【サクラ クラフトラボ 006】開封&徹底レビュー パイプウッド×ロイヤルネイビー SAKURA craft_lab

続きを見る

新着記事

シャーペン 文房具

2023/1/18

【プロユース171】限定色 マットブラック&カッパー を開封レビュー 文房具

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、プラチナ万年筆の新商品です。 サムネにもあるように、今回のシャーペンは大人の雰囲気が漂う製図用シャーペンとなっています。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと見ていきます。本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方は是非チャンネル登録をお願い致します。それではまずはプラチナについて簡 ...

シャーペン 文房具

2023/1/17

【ザ・ドクグリ】新作 THE Dr.Gripを開封レビュー 文房具 購入品紹介

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはPILOTの新商品になります。今回のペンは疲れにくいグリップとフレフレ機構でお馴染み、2022年の12月に発売された、ドクターグリップの最上位モデルです。気になっている方も多いのではないでしょうか?今回のペンは、2つの新機構が搭載されたペンとなっていますので、従来のモデルと比較しながら順を追って解説していきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなん ...

ボールペン 文房具

2023/1/16

【パーカー】シズレ GT 純銀製高級ボールペンをレビュー PARKER SONNET PREMIUM CISELER GT

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、パーカーのボールペンになります。 サムネにもあるように、今回のペンは純銀製、スターリングシルバーのボールペンです。高級溢れる回転繰り出し式のボールペンをお探しの方にお勧めの1本となっております。詳細は商品の基本情報の項目でじっくりと解説していきますので是非最後までご覧ください。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、万年筆や木軸、ペンケースなんかもメーカーに忖度のない徹底レビュー ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【ヘキサゴナル】ステッドラー 92577 限定色シャーペンを開封レビュー STAEDTLER HEXAGONAL バージョン0

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのはステッドラーの新商品のご紹介です。サムネにもあるように、今回のペンは2022年の11月に発売した注目の製図用シャーペンになります。詳細は商品の基本情報の項目でお伝えしていきますね。 本題に入る前に、HEROTVでは新商品から定番や廃盤のペン、木軸や万年筆、ペンケースなんかもメーカーに忖度がない徹底レビューをしていますので、文房具に興味がある方はチャンネル登録をお願い致します。 目次1 STAEDTLER ...

シャーペン 文房具

2023/1/1

【メタシル ライトノック】ノック式の新作を開封レビュー metacil light knock

どうも、YouTubeチャンネル「HEROTV」の運営兼、動画編集者のあぬびすです! 今回ご紹介するのは、サンスター文具の新商品です。 サムネにもあるように、今回のペンは過去に話題となった、削らず16km書き続けられる、金属鉛筆、メタシルの新しいモデルとなっております。それではまずサンスター文具について簡単にご紹介させていただきます。 目次1 メタシル ライトノック YouTube動画2 メタシル ライトノック の基本情報3 メタシル ライトノック を使用した感想3.1 メタシル ライトノック の良かった ...

-ボールペン, 文房具
-